稲田胃腸科外科

宮崎市 の 胃腸科・内科・肛門内科 『稲田胃腸科・点滴療法クリニック』

〒880-0930 宮崎県宮崎市花山手東 1-2-9
TEL 0985-52-1200

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。

診療案内

胃の症状

胃の症状は、胃の内部の異常によるもの、胃の動きの異常によるものがあり、その原因によってお薬や治療法が違ってきます。
内視鏡や血液検査などで、胃の不調の原因を探り、適切な治療や養生をしていくことが重要です。
その説明をしっかり行い、患者さまに十分原因やその対策をご理解いただくことで、一緒にこの不快な症状に立ち向かっていくのが私の仕事になります。
慢性萎縮性胃炎に関しては、現在ヘリコバクターピロリ菌の検査、その治療が保険適応となりました。

 

インフルエンザ、ウィルス性胃腸炎、風邪

ウィルスを殺すお薬はありませんので、ご自身の免疫力が頼りになります。その免疫力を十分活かしていける生活習慣を行いながら、漢方や、インフルエンザであればそれ用のお薬を使いながら、可能な限りは症状を取りつつ、一日でも早く治す、そういう治療を提供していきます。
予防接種はかからないためのものでなく、重症化の予防であることはご理解いただければと思っています。
発症早期ほど治しやすいので、出来るだけ早く来院いただければ、最善の治療が可能であると思います。

 

痔核(イボ痔)

直腸や肛門回りの静脈が密集している場所が膨れあがり、しこりになった状態です。このしこりを痔核といい、発生する場所によって内痔核と外痔核に分けられます。
直腸粘膜の下にできるものを内痔核、肛門外側の皮フの下にできるものを外痔核と呼びます。痔核は肛門疾患のおよそ半数を占めます。原因はいろいろありますが、常習便秘、排便時にいきむ、力仕事や過度の飲酒、妊娠(出産時のいきみによる)などが原因で起きることが多い疾患です。

 

胃痛の少ない胃大腸内視鏡検査

現在記事の準備中です
しばらくお待ちください。

 

各種点滴療法

現在記事の準備中です
しばらくお待ちください。

 

漢方

漢方はお薬を飲むことではありません。
養生と言って、どう自分の体や気のバランスの乱れを最善の状態にするかという、生活習慣を正しつつ、その効果を上げるために、お薬を使います。
そのバランスの乱れを医師と一緒に探り、養生の方法を検討し、お薬でより早く効果的にバランスの良い状態にもっていく、これを目指しております。
また最近では高齢に対するアンチエージングに有効な漢方も各種報告されており、若々しく元気に生きる為に漢方を有効に使っていくことも提案させていただいております。